贈答用







うるち米

























ブレンド米


もち米


米ぬか


雑穀


麺類


ご飯のお供



麦茶・穀物茶


その他








ゆめぴりか
年  産 2018年
産  地 北海道
地  域 砂川市・奈井江町
品  種 ゆめぴりか
検査代理人 JA新すながわ
栽培内容 節 減  対 象  農 薬:当地比5割減
化学肥料(窒素成分):当地比5割減
等  級 1等
コード 2101061
米袋の形態は変更になる場合があります


白 米
1キロ
  810円(税込)

   
2キロ
1,620円(税込)

   
5キロ
4,050円(税込)

   
25キロ
(5キロ×5袋)
19,750円(税込)

   
※精米日について
 商品の発送日に精米致しますので、精米したての美味しいお米をお楽しみください。

1キロ
  810円(税込)

お届け状態
   
2キロ
1,620円(税込)

お届け状態
   
5キロ
4,050円(税込)

お届け状態
   
25キロ
(5キロ×5袋)
19,750円(税込)

お届け状態
   
※分搗き米について
 茶色い色をした玄米を精米する時に胚芽やぬかの層の一部を残して精米します。
 何割程度玄米を削るかによって、3・5・7分搗きの数字が変わります。
 <例>表皮を3割削ったものを「3分搗き」、5割削ったものを「5分搗き」と呼びます。

玄 米
1キロ
  740円(税込)

   
2キロ
1,480円(税込)

   
5キロ
3,700円(税込)

   
25キロ
(5キロ×5袋)
18,000円(税込)

   
※玄米と白米の販売価格の違いについて
 玄米を白米に精米しますと、品種によってですが10%ほど重量が減少します。
 白米5キロの場合には、玄米を約5.5キロ使用します。
 その為、玄米と白米の価格差が約10%生じてしまいます。

真空パック包装  精米したてのお米をできるだけ新鮮な状態で保存ができます。
白 米
2.5キロ
2,180円(税込)

   
玄 米
2.5キロ
2,000円(税込)

   
分搗米
2.5キロ
2,180円(税込)

お届け状態
   
※真空パック包装について
 外国へのお土産・家庭内での備蓄などすぐに食べない場合などの保管におすすめです。


ゆめぴりかの品質基準
高度
クリーン米
タンパク値               6.3%以下
化学合成農薬使用成分回数   5回以下
化学肥料使用量       慣行の1/2以下
高度
クリーン米
タンパク値               6.8%以下
化学合成農薬使用成分回数   5回以下
化学肥料使用量       慣行の1/2以下
特別栽培米
タンパク値               6.8%以下
化学合成農薬使用成分回数  11回以下
化学肥料使用量       慣行の1/2以下
特別栽培米
タンパク値          7.4%以下
化学合成農薬使用成分回数 11回以下
化学肥料使用量     慣行の1/2以下
慣行栽培
タンパク値               7.4%以下
化学合成農薬使用成分回数  22回以下
化学肥料使用量            10s/10a
おいしさの決めては、タンパク値。数値が低いほど、味がよくなると言われています。
「ゆめぴりか」は。出荷基準のタンパク質の含有量が 7.4%以下をクリアーしたものだけが、ゆめぴりかとして販売できます。
※タンパク値は精米換算値を記載


ゆめぴりかの里 JA新すながわのゆめぴりかは なまら旨い
北海道米の最高級ブランド「ゆめぴりか」は、お米に含まれるアミロースの割合が低く、粘りやわらかさそして、甘みと旨みの強さで人気があります。
JA 新すながわの「ゆめぴりか」は、平成22年・23年・24年と 3年連続で低タンパク米を出荷
北海道内で 1位となり、その後も、低タンパク、低アミロース、良食味にこだわった「ゆめぴりか」をつくっています。

ゆめぴりかとは
北海道立上川農業試験場が育成し上育453号の系統名で呼ばれていましたが平成21年
に「ゆめぴりか」としてデビューしました。
一般栽培が開始された2009年(平成21年)度米より販買されたが、この年の天候不
順で出荷基準に達した数量が当初の生産・出荷見込み数量の1割弱の800トン程度しか
できなく、前評判の高さから消費者が殺到して品薄状態が続き、数週間で販売終了になっ
た伝説の米です。
お米に含まれる、アミロース含有率が適度に低く、独特な甘み、粘りがあり、北海道米の
中では最上級のおいしさです。
「ゆめぴりか」の名前の由来は、一般公募で寄せられた3,422通の中から選ばれまし
た。「夢」とアイヌ語で美しいを意味する「ピリカ」をあわせてつくられた、北海道の夢
を担うお米です
地域情報
砂川市は北海道のほぼ中央に位置し、東は夕張山系を境に赤平市・歌志内市・上砂川町に
隣接した丘陵地帯が続き、西は石狩川を挟み新十津川町・浦臼町、北は空知川を挟み滝川
市、南は奈井江町に隣接した平地地帯が広がっています。
東西に約10.5km、南北に約12.7km、総面積は78.69平方kmあり、市街中心部
は平地地帯で南北に細長く展開し、中央には基幹道ともいうべき国道12号のほか、JR函
館本線や道央自動車道がそれぞれ南北に伸び、豊かな緑と水に囲まれた商工農のバラン
スがとれたまちです。
砂川市は町の緑化に力を入れ、環境庁より北海道初の「アメニティ・タウン(快適環境都
市)」の指定を受け平成22年現在、市民一人あたりの都市公園面積は日本一です。

「砂川市ホームページ」より










年間平均気温     約6.9度
年間平均降水量    約1290o