贈答用







うるち米

























ブレンド米


もち米


米ぬか


雑穀


麺類


ご飯のお供



麦茶・穀物茶


その他








畦畔香るななつぼし

年  産 2017年
産  地 北海道
地  域 芦別市
品  種 ななつぼし
検査代理人 JAたきかわ
栽培内容
高度クリーン栽培
節 減 対 象農 薬当地比7割減
化学肥料(窒素成分:当地比5割減
等  級 1等
コード 2101031
米袋の形態は変更になる場合があります


白 米
1キロ
  720円(税込)

   
2キロ
1,440円(税込)

   
5キロ
3,600円(税込)

   
25キロ
(5キロ×5袋)
17,500円(税込)

   
精米日について
 商品の発送日に精米致しますので、精米したての美味しいお米をお楽しみください。

1キロ
  720円(税込)

お届け状態
   
2キロ
1,440円(税込)

お届け状態
   
5キロ
3,600円(税込)

お届け状態
   
25キロ
(5キロ×5袋)
17,500円(税込)

お届け状態
   
※分搗き米について
 茶色い色をした玄米を精米する時に胚芽やぬかの層の一部を残して精米します。
 何割程度玄米を削るかによって、3・5・7分搗きの数字が変わります。
 <例>表皮を3割削ったものを「3分搗き」、5割削ったものを「5分搗き」と呼びます。

玄 米
1キロ
  650円(税込)

   
2キロ
1,300円(税込)

   
5キロ
3,250円(税込)

   
25キロ
(5キロ×5袋)
15,750円(税込)

   
※玄米と白米の販売価格の違いについて
 玄米を白米に精米しますと、品種によってですが10%ほど重量が減少します。
 白米5キロの場合には、玄米を約5.5キロ使用します。
 その為、玄米と白米の価格差が約10%生じてしまいます。

真空パック包装  精米したてのお米をできるだけ新鮮な状態で保存ができます。
白 米
2.5キロ
1,900円(税込)

   
玄 米
2.5キロ
1,730円(税込)

   
分搗米
2.5キロ
1,900円(税込)

お届け状態
   
※真空パック包装について
 外国へのお土産・家庭内での備蓄などすぐに食べない場合などの保管におすすめです。

 畦畔香るななつぼしは高度クリーン栽培です
畦畔香るななつぼしを栽培している芦別市にある「きらきらぼし生産組合」は、中空知エコ米生産共和国の一員で芦別地区で食の「安全・安心」と「良食味米」栽培に取組む生産者グループです。
現在柱となるななつぼしの他にも、新品種を積極的に試験栽培し皆様に喜んで頂けるお米作りを目指しています。

 高度クリーン栽培とは


一般的に販売されている慣行栽培の米と、より基準の高い特別栽培米(化学合成農薬・化学肥料は慣行の半分以下など)があります。
高度クリーン栽培のお米は、特別栽培米よりさらに厳しく、使用可能な化学合成農薬の使用を慣行栽培のお米の約1/4以下(75%削減)にまで抑えています。農薬は病気や害虫、雑草からお米を守るために不可欠なもの。「中空知エコ米生産共和国」では農薬を削減した分、技術を向上。個人だけでなく、グループ全体で取り組むことで、安定した収穫量を確保しています。
現在「中空知エコ米生産共和国」では、「ななつぼし」のほかに「きたくりん」「ゆめぴりか」の高度クリーン栽培米もつくっています。
目指すところは、北海道の米の牽引役としての存在。
高度クリーン栽培米づくりの先駆け、さらなる北海道米のおいしさを実現させるた低タンパク米生産にこだわり、安全・安心でおいしい北海道米ブランドの付加価値を高めています。

 中空知エコ米生産共和国とは
3つの農協、5つの市と町をまたいだ生産者グループです。
中空知は北海道のほぼ中央に位置するエリア。北海道を代表とする米どころのひとつで、玉ねぎやトマト、そばメロンなど多彩な農産物が生産される、実り豊かな地域です。この「中空知」で農薬や化学肥料を減らし、地域の枠を越えてエコな米づくりを究めようとする匠たちが連帯し、互いの技術向上とブランド確立を目的とした生産者グループが「中空知エコ米生産共和国」です。

平成22年6月に、中空知3つの農協(JA新すながわ・JAピンネ・JAたきかわ)に所属する5つのクリーン米生産組合、きらきらぼし生産組合(芦別市)、とんぼの会(滝川市)、カエル倶楽部(奈井江町)、新十津川町クリーン米生産組合(新十津川町)、ベストライス赤平(赤平市)の技術向上とクリーン米、生産の普及活動を目的とした「中空知エコ米共和国」を設立しました。

ななつぼしとは
北海道岩見沢市にある北海道立中央農業試験場が育成され平成13年に奨励品種になりました。
一般的に販売されている「ななつぼし」の中でも食味が良く、粒が大きめで米粒に張りがありながらもやさしいソフトな感じの食感です。アッサリしてますので非常に食べやすいお米で人気もあります。
名前の由来は、星がきれいに見えるほど空気がきれいな北海道で生まれたお米だからこそきらきらと北斗七星のように輝いてほしいという願いを込めて名付けられました。


地域情報
芦別市は北海道のほぼ中央に位置し、西は赤平市・歌志内市・上砂川町・奈井江町・美唄市・三笠市に接し、東は美瑛町・中富良野町・富良野市に接し、南は夕張市、北は旭川市・深川市に接しております。
芦別市は、全国の都市部の中でも広大な面積(865.02ku)を持ち、夕張山地の北部の大部分を抱えその約9割が山岳・森林地帯です。芦別岳、中部には空知川、さらに北部から流れるパンケ幌内川、南部から流れる芦別川の各流域に市街地が形成されています。
芦別では北海道でカスミ草が作付面積一位です。芦別メロン・馬鈴しょ・南瓜など地域の特産品として販売されております。





年間平均気温      約7度
年間平均降水量    約1100o