贈答用







うるち米

























ブレンド米


もち米


米ぬか


雑穀


麺類


ご飯のお供



麦茶・穀物茶


その他








コウノトリ呼び戻す農法米

年  産 2017年
産  地 福井県
地  域 越前市
品  種 コシヒカリ
検査代理人 JA越前たけふ
栽培内容 節 減  対 象  農 薬:栽培期間中不使用
化学肥料(窒素成分):栽培期間中不使用
等  級 1等
米袋の形態は変更になる場合があります


白 米
1キロ
 1,100円(税込)

   
2キロ
2,200円(税込)

   
5キロ
5,500円(税込)

   
※精米日について
 商品の発送日に精米致しますので、精米したての美味しいお米をお楽しみください。

1キロ
 1,100円(税込)

お届け状態
   
2キロ
2,200円(税込)

お届け状態
   
5キロ
5,500円(税込)

お届け状態
   
※分搗き米について
 茶色い色をした玄米を精米する時に胚芽やぬかの層の一部を残して精米します。
 何割程度玄米を削るかによって、3・5・7分搗きの数字が変わります。
 <例>表皮を3割削ったものを「3分搗き」、5割削ったものを「5分搗き」と呼びます。

玄 米
1キロ
 1,000円(税込)

   
2キロ
2,000円(税込)

   
5キロ
5,000円(税込)

   
※玄米と白米の販売価格の違いについて
 玄米を白米に精米しますと、品種によってですが10%ほど重量が減少します。
 白米5キロの場合には、玄米を約5.5キロ使用します。
 その為、玄米と白米の価格差が約10%生じてしまいます。

真空パック包装  精米したてのお米をできるだけ新鮮な状態で保存ができます。
白 米
2.5キロ
2,850円(税込)

   
玄 米
2.5キロ
2,600円(税込)

   
分搗米
2.5キロ
2,850円(税込)

お届け状態
   
※真空パック包装について
 外国へのお土産・家庭内での備蓄などすぐに食べない場合などの保管におすすめです。


コウノトリ呼び戻す農法米


「生きものと共生する越前市」の実現にむけて、コウノトリが舞う里づくりに取り組んでいます。
コウノトリを生物多様性や自然再生のシンボルとして位置づけ、里地里山の自然環境と生物多様性の保全・再生を行っています。
にほんの里百選にも選ばれた越前市の白山・坂口地区では、コウノトリの餌となる小魚、かえる、どじょうなどの生物が生息できる環境を守るため、農薬・化学肥料を一切使用せずに米を栽培する「コウノトリ呼び戻す農法」に取り組んでいます。


JA越前たけふより


コシヒカリとは
昭和19年に新潟県農業試験場で農林1号と農林22号をかけあわせが行われました。
農林1号は美味しくて、沢山お米もできましたが、病気に弱く、農林22号は品質がよく病気に強い特徴がありました。
その後、福井県農業試験場で育てられ、昭和28年に越南17号として新潟に戻り昭和31年農林100号“コシヒカリ”と命名され、昭和54年以降、第1位の作付規模を誇る良食味米となりました。
作付シェアは平成20年産で36%
外観・香り・味・粘り・硬さとバランスがとても良いです。
コシヒカリは「越国に光り輝く」という願いを込めて名前がつけられました。
現在の越国とは山形県の1部、富山県、石川県、福井県、新潟県のことになります


地域情報
越前市は、福井県のほぼ中央に位置し、市の中央を北陸自動車道と国道8号が縦断し、関西・中京圏などの主要都市や福井市・敦賀市など周辺都市との交通の動脈となっています。
また、両路線に交差するように国道417号や県道、主要地方道が横断しています。
面積は230.70平方キロメートルです。
地形は、東部の越前中央山脈、西部の丹生山地、南部の「越前冨士」と呼ばれる日野山(795メートル)など、400から700メートル級の山々に囲まれ、武生盆地をつくっています。
武生盆地の中央を、県内三大河川のひとつ日野川が南北に貫流し、九頭竜川と名を変えて日本海に注いでいます。
旧今立町内に流れる五つの川は、鞍谷川に合流したあと、福井市内で日野川に合流しています。
気候は、夏は高温多湿、冬は降雪量が1メートルを超えることもある日本海側特有
の気候です。

「越前市ホームページより」






年間平均気温     約14度
年間平均降水量    約2400o