贈答用







うるち米
























LGCソフト



ブレンド米


もち米


米ぬか


雑穀


麺類


ご飯のお供




麦茶・穀物茶


その他








サキホコレ
年 産 2021年
産 地 秋田県
地 域 大仙市・仙北市・美郷町
検査代理人
JA秋田おばこ
品 種
サキホコレ
栽培内容
節 減  対 象  農 薬:当地比5割減
化学肥料(窒素成分):当地比9割減
米袋の形態は変更になる場合があります


白 米
1キロ
  700円(税込)

   
2キロ
1,400円(税込)

   
5キロ
3,500円(税込)

   
25キロ
(5キロ×5袋)
17,000円(税込)

   
※精米日について
 商品の発送日に精米致しますので、精米したての美味しいお米をお楽しみください。

1キロ
  700円(税込)

お届け状態
   
2キロ
1,400円(税込)

お届け状態
   
5キロ
3,500円(税込)

お届け状態
   
25キロ
(5キロ×5袋)
17,000円(税込)

お届け状態
   
※分搗き米について
 茶色い色をした玄米を精米する時に胚芽やぬかの層の一部を残して精米します。
 何割程度玄米を削るかによって、3・5・7分搗きの数字が変わります。
 <例>表皮を3割削ったものを「3分搗き」、5割削ったものを「5分搗き」と呼びます。

玄 米
1キロ
 640円(税込)

   
2キロ
1,280円(税込)

   
5キロ
3,200円(税込)

   
25キロ
(5キロ×5袋)
15,500円(税込)

   
※玄米と白米の販売価格の違いについて
 玄米を白米に精米しますと、品種によってですが10%ほど重量が減少します。
 白米5キロの場合には、玄米を約5.5キロ使用します。
 その為、玄米と白米の価格差が約10%生じてしまいます。

真空パック包装  精米したてのお米をできるだけ新鮮な状態で保存ができます。
白 米
2.5キロ
1,950円(税込)

   
玄 米
2.5キロ
1,800円(税込)

   
分搗米
2.5キロ
1,950円(税込)

お届け状態
   
※真空パック包装について
 外国へのお土産・家庭内での備蓄などすぐに食べない場合などの保管におすすめです。

サキホコレとは
食味を追求した秋田米の最上位品種
「コシヒカリを超える極良食味品種」をコンセプトに、食味に徹底的にこだわって開発されました。 その優れた食味と存在感で秋田米の牽引役となることが期待されています。

お米一粒一粒のおいしさを感じられる
卓越した食味の良さに加え、外観・香り・食感のバランスにも優れた、“米どころ秋田”が自信を持ってお届けする特別なお米です。その一粒一粒のおいしさに、秋田の地力がつまっています。
白さとツヤが際立つ外観
粒感のあるふっくらとした食感
上品な香り、かむほどに広がる深い甘み


作付地域を限定
「サキホコレ」は成熟期が遅い晩生種であることから、その優れた外観・食味などの品種特性を安定的に発揮できるよう、気象条件などにより選定した「作付推奨地域」に作付を限定します。

品質・出荷基準を設定
おいしく、高品質なお米だけをお届けするため、次の品質・ 出荷基準を設定しています。
玄米タンパク質含有率 6.4%以下
農産物検査等級 1等又は2等
玄米水分含有率 14.0%以上15.0%以下

生産者を限定
高品質・良食味なお米の生産実績があるなど、一定の要件をクリアした「生産者」と品質・出荷基準のチェック体制が整った「集荷業者」が組織する「生産団体」が生産を担います。

安全・安心の栽培方法
安全・安心や環境に配慮し、農薬の使用を半減した栽培
(延べ使用成分回数※:20成分回数→10成分回数以下)を標準とします。
※使用した農薬に含まれる有効成分の延べ使用回数


秋田県農林水産部 秋田米ブランド推進室より



サキホコレとは
平成26年度に「秋田米新品種開発事業」がスタートし
これまでの秋田米にはない高い食味を徹底的に追求し開発が進められました。

新品種の開発事業は、平成22年に交配され、事業開始時点では4世代目となっていた800の系統
の中から、良食味の系統を選抜していく作業からスタートしました。
試験場では、毎年800サンプルもの食味分析を5年間にわたり繰り返し
日本で最も食され、”おいしいお米”のひとつの指標である「コシヒカリ」。
そして「コシヒカリ」を親に持ち、バランスが良く、優れた食味で、全国の食卓に欠かせない
お米となった秋田県を代表する品種「あきたこまち」。
この2大品種と正面から向き合い、それを超え「日本人の心に響くおいしさ」を求め交配を続け
平成29年には、新品種の候補が約12万株の中から5系統まで絞り込まれ、最終選考で選ばれたお
米が『秋系821(サキホコレ)』でした。
新品種の開発事業は、平成22年に交配され、事業開始時点では4世代目となっていた800の系統
の中から、良食味の系統を選抜していく作業からスタートしました。
交配から9年目の平成31年3月、秋系821(サキホコレ)は、新品種候補に決定され令和4年秋のデ
ビューに向け
令和3年秋(11月6日)に先行販売されます。

地域情報
JA秋田おばこの誕生と概況
芽吹きの春、平成10年4月1日、大曲仙北地区1市10町3村にあった20JAがひとつとなり、JA秋
田おばこの名のもとに誕生しました。
現在は、行政による市町村合併が進み、2市1町(大仙市、仙北市、美郷町)およそ13万人の
住民が生活する地域を管内とする広域JAとして躍動を続けています。
また、1年の3分の1が積雪下にある豪雪地帯であり、田沢湖高原は全国屈指のスキー場となっ
ています。

JA秋田おばこの概
夏秋冬それぞれの季節の趣を楽しませてくれるこの地域は、秋田県南部に位置し、鳥海
山系、奥羽山脈に囲まれていて、その間を流れる雄物川とその支流である玉川に沿って仙北
平野が開けています。この平野は全国で有数の「あきたこまち」を生産する穀倉地帯となっ
ていて、豊穣の地と呼ぶにふさわしい地です。
交通面に至っては、国道13号線、46号線、105号線の3線が交差しているほか、秋田新幹線
「こまち」が縦横して大曲〜東京間が3時間で結ばれるなど整備が進んでいます。

JA秋田おばこの農業
JA秋田おばこの基幹作物は米です。豊饒の地と言うとおり、日本有数の米産地となっていま
す。当JA生産者は米産地としての自覚と責任を胸にいだき、安全・安心そして高品質で美味
しい米作り、さらには環境に優しい永続できる米作りに取り組んでいます。
園芸作物においては、安全・安心な生産販売体制整備はもちろんのこと、重点推進12品目
(枝豆、トマト、アスパラガス、ねぎ、ほうれんそう、きゅうり、そらまめ、モロヘイヤ、
キャベツ、輪菊、りんどう、菌床しいたけ)や地域推進品目の作付拡大を図っており、生産
者の所得向上はもちろんのこと、地域振興への役割も担っています。
畜産においても、安全・安心を第一の基盤として生産・販売拡大を推進しています。また、
耕種農家と連携をとっての循環型農業への取組みも活発化しており、生産者は環境に優しい
農業生産に努めています。

JA秋田おばこより